活動報告 | 公益社団法人広島県社会福祉士会

公益社団法人広島県社会福祉士会の公式ホームページです。

活動報告

 

都道府県ぱあとなあ連絡協議会が開催されました。
 

  5/2627の2日間、東京都で開催された都道府県ぱあとなあ連絡協議会が開催されました。

 この会議は日本社会福祉士会の主催により毎年開催され、都道府県社会福祉士会と権利擁護事業において相互の推進を図ることを目的に、各会からその業務に携わる会員が集合し、日本社会福祉会との情報共有や業務に関する協議が行われます。

  今年度は主に、成年後見制度利用促進計画にそった各県の取組状況や今後の方向性について意見交換が行われました。

 

 

 

 

 

リスク管理小委員会を開催しました。
 

 リスク管理小委員会では、会員から提出された各報告書や、活動上の事故等を未然防止することや繰り返さないために役立てるインシデントレポートからの情報、その他会員や外部の関係者から寄せられた相談等の内容を元に、会員が行う後見活動がより質の高いものになるよう、各規約や活動手順等の見直し等を行っています。

 

← 写真は416日に行われた委員会の様子です。

 

 

 

定期活動報告書の確認作業を行いました。
 

 毎年2月に受任中の名簿登録者から提出された定期活動報告書は、すべて運営委員で確認を行っています。

 確認した内容は集計し、ぱあとなあひろしまの活動状況として毎年、日本社会福祉士会へ報告しています。

 さらに受任者支援の目的から、活動報告書の内容から困りごとがあると思われる場合は、運営委員から名簿登録者へ連絡し確認を行っています。

 

← 写真は3月17日に行った作業の様子です。

 

 

 

 

2017年度第2回名簿登録者会議を行いました。
 

 234日に、2017年度第2回名簿登録者会議を行いました。

 広島会場99名、福山会場65名の参加があり「民事信託」をテーマに、行政書士より講義をして頂きました。

また、日頃の活動上の悩み等を共有する目的で意見交換も行いました。

 写真は3日の福山会場の様子です。

 

 

 

 

 

「ぱあとなあひろしま継続研修」を行いました。

 2018114日に「2017年度ぱあとなあひろしま継続研修」を行いました。今回は32名の参加があり「意思決定支援ツールを体験しよう」という内容で、20178月に東京で行われた「意思決定支援に基づく権利擁護実践研修」の伝達研修として日本社会福祉士会が開発したツールを使い、意思決定支援の概念やプロセスを学びました。

← 研修の様子です。

 

← 当日使用した資料です。

 

 

 

『問い合わせ』バナーを設けました。
 

  ぱあとなあひろしまでは、成年後見制度に関する研修会や相談会へ会員を派遣しております。

 また、ホームページに新たに設けました『問い合わせ』から、ご依頼を受けることが可能となりましたので、ご活用ください。

← 写真は20171215日に開催された広島市社

  会福祉協議会「市民後見人養成研修」の様子で、

  講師1名とチューター2名を派遣しました。