公益社団法人広島県社会福祉士会の公式ホームページです。

活動報告

 

2017年度成年後見人材育成研修を開催しました。
 

ぱあとなあひろしまでは、日本社会福祉士会から委託を受けて、

家庭裁判所に提出する『ぱあとなあ登録者名簿』に新たに登録し、

成年後見人等として活動する人材の養成を行っています。

2017年度の成年後見人材育成研修は923日~24日、

1028日~29日の計4日間で行われました。

今年度は県外からの参加者を含め19名の会員が参加し

成年後見人等として活動していく上で必要な知識を学びました。

←写真は1028日の講義の様子です。

 

 

 

市役所担当間課へ訪問しました。
 

ぱあとなあひろしまでは、成年後見制度を必要とする人に、

より活用していただけるように、県内の行政担当窓口を訪問し、

各市町の成年後見制度利用支援事業に関しての改善の要望や

情報提供、意見交換等を必要に応じて定期的に行っています。

←写真は、9/27にリーガルサポート広島支部と合同で、県内の市役所を訪問した時の様子です。

 

 

 

ぱあとなあひろしま小委員会活動を紹介します。
 
今回は小委員会活動を紹介します
ぱあとなあひろしま運営委員会は、現在センター長(県社会福祉士会会長が兼任)を含め20名の委員で活動しています。
月1回開催する運営委員会の他に「リスク管理小委員会」「研修小委員会」「広報小委員会」で役割の分担を図り、具体的な活動を行っています。
写真は9/19に行われた研修小委員会の様子です。

 

 

 

 

8月5日・6日に「2017年度第1回名簿登録者会議」を行いました。
 

 8月5日・6日に「2017度第1回名簿登録者会議」を行いました。

 広島会場98名,福山会場62名の参加があり,弁護士による講義「成年後見人等の活動を改正個人情報保護法の関わりについて」を受けました。

 他にぱあとなあ全国連絡協議会の報告や,2事例のインシデントレポートの対応策等を考えるグループワークを行いました。

← 写真は5日広島会場の様子です。

 

 

 

 

6月西支部コーディネート会議を行いました。
 

 

  家庭裁判所から成年後見人等の候補者推薦依頼を受けた場合には,各支部のぱあとなあひろしま運営委員がコーディネート会議を行い,名簿登録者への連絡調整を行っています。

 ← 西支部コーディネート会議の様子です。

 

 

 

5月21日(日)東支部勉強会を行いました。
 

 

 5月21日(日) 福山すこやかセンターで東支部定例勉強会が行われました。

 定例勉強会では,受任ケースの報告を行い,そのケースを元に参加者が日頃の活動で悩んでいることや分からないこと等の意見交換を行っています。

 この日は会員の他,司法書士や社会保険労務士の参加もあり,活発な意見交換が行われました。