公益社団法人広島県社会福祉士会の公式ホームページです。

>
新着情報(2014年度~2017年度)

新着情報(2014年度~2017年度)

2017/07/20 【更新】 ご寄附ありがとうございます
ホームレス支援事業へのご寄附一覧を更新しました。
2017/07/11 【更新】 会員便りのバックナンバーについて
会員便り第64号をPDFデータで掲載しました。
2017/07/10 2017年9月5日(火),6日(水) 暮らしとこころの相談会
広島弁護士会より,無料相談会のご案内です。
2017/07/07 2017年10月15日(日) 2017年度社会福祉士全国統一模擬試験
第30回社会福祉士国家試験を受験される方へ,全国統一模擬試験のご案内です。
2017/07/06 【更新】 2017年度 成年後見人材育成研修
事前課題用原稿用紙のデータを掲載しました。
2017/06/13 2017年度 社会福祉士実習指導者講習会
当会より,社会福祉士実習指導者講習会のご案内です。
2017/06/13 2017年度 広島県高齢者虐待対応研修(広島・福山)
当会より,広島県高齢者虐待対応研修(広島・福山)のご案内です。
2017/05/16 【更新】 2017年度 基礎研修Ⅲ
6/18(日)提出の事前課題について掲載しました。
2017/04/03 平成29年度 成年後見制度活用講座
当会独立型社会福祉士委員会および権利擁護センターぱあとなあより,成年後見制度活用講座のご案内です。
2017/03/16 平成29年3月9日(木) 広島市立 志屋小学校 出前講座

 

 

広島市立 志屋小学校

平成29年3月9日(木)13:35~14:35

1~6年生

講師:出木浦正雄氏(ろう者) 出木浦真由美氏(ろう者)

        山本和奈氏(通訳兼)

     内容:聴覚障害について

 

みんなで輪になって教えてもらいました。

耳が不自由な人の中には、聞こえない、聞こえにくい人がいること。

コミュニケーションには、いろいろな方法があること。 

また、どんな暮らしをされているのか、生活するうえで工夫されていることなどを教えてもらいました。

手話体験

 

お兄さん指と小指… なんだかよく似ているね。

あれれ!これもよく似てるね。きつねさん。

  

いろんな表現がありますね。 

  

え~と、親指をこうして…。こうかな?  

  

こんにちは。         

  

 

 

  ありがとう!

 いろいろな手話を学びました。

  小さなもみじの手は一生懸命です。

 

 

 

  

 

   

2017/03/14 平成29年2月2日(木) 広島市立 湯来西小学校 出前講座

社会課題解決プロジェクト

出前講座/語り部活動へ ~あなたの街に講師がうかがいます~

 

  障害のある方が暮らしやすい社会は,高齢者や妊産婦,子どもたちなど社会的に弱い立場におかれが

 ちな方々にとっても,住みやすい,普通に暮らせる社会です。広島県社会福祉士会では,誰もが住みや

 すい社会へ近づけるために,ご希望に応じて出前講座を実施いたします。

 

広島市立 湯来西小学校

 

 平成29年2月2日(木)

  10:55~11:55

  1~6年生

 講師:花田敏文氏

   (広島県網膜色素変性症協会 会長)

 

    内容:視覚障害について

 

点字ブロックや白杖などについて教わりました。

   

 

 見やすい、見えにくい

  についても教わりました。

 

 

 

 

 体験

先が細くなっている筒を目にあてて、視野狭窄の体験をしました。

つけてみてどう? うわ~!ちょっとしか見えないよ!

   

 

見える範囲が狭い状態で、さあ!廊下に出てみよう! 

いつも歩きなれている廊下だけど…。階段も上ります。

  

気をつけてね。階段を下りる時も慎重に!壁や手すりのないところは不安です。 

 

体験してみると、障害のある人の気持ちがよくわかりますね。

視覚障害のある人がいる時に、僕たち私たちにできることは何だろう? 

   

  体験して感じたことなども発表してもらいました。 

 

 

 

 

 

事業概要

 

事業の目的

  日本政府は,2006年に国連総会で採択された障害者権利条約を,2013年12月に批准しました。この

 条約は,「私たち抜きに私たちのことを決めるな」のスローガンに現れているとおり,障害者の視点か

 ら作られた人権条約です。批准の背景には,障害者基本法の改正や障害者差別解消法の成立等の国内法

 の整備があります。

  しかしながら,障害を理由とする不当な差別的取り扱いや社会的障壁,更には合理的配慮の欠如とい

 った事例は,地域社会に未だ蔓延しており,障害当事者や障害者福祉従事者等による出前講座や語り部

 活動を通じて,児童・生徒や地域住民の障害者理解を深め,障害のある方々が地域で安心して暮らせる

 社会,ノーマルな社会づくりを目指します。

 

事業の内容

 (1)出前講座の開催 

   人としての基本的な価値感が醸成される,学校教育(小・中学校・高等学校)の場で,障害当時者

  等からの学習機会の提供や,ハンディキャップ体験などを通じて,障害児者の特性及びそれを取り巻

  く環境の理解や必要な配慮について理解を深めます。

   ●学校側の養成応じて学校に出向き,道徳,総合学習,特別活動等の学習時間帯を活用し,訪問型

    の出前講座を開催します。(出前講座開催回数:年25回程度)

   ●講師は,「すべての障害児者と市民を結ぶひろしま県民会議(28障害者団体等で構成)」構成団 

    体の推薦された方々です。

 

 (2)語り部活動の展開

   地域の住民団体(PTA,民生児童委員,教員,障害者団体,保育所保護者会等)に対して,障害当

  時者等が地域に出向き,自らの体験を語ることによる学習機会の提供やハンディキャップ体験などを

  通じて,障害児者の特性,それを取り巻く環境の理解及び必要な配慮等に関する理解を深めます。

   ●地域住民団体の要請に応じて活動を実施します。(語り部活動開催回数:年10回程度)

   ●講師は出前講座と同様です。

 

      詳細はコチラから

 

      申込み用紙(一般)はコチラから

   

  申込み用紙(学校用)はコチラから

 

 ※本事業は,地域をつくる市民を応援する共同募金活用事業“社会課題解決プロジェクト”によるもので

  す。

 

申し込み・問い合わせ先

  公益社団法人広島県社会福祉士会 事務局【担当:澤邉(さわべ)】

   TEL:082-254-3019

   FAX:082-254-3018

   Mail:office@hacsw.jp

 

2017/02/17 公開講座2017「『こころの時代を生きる』 ー中高生のこころと対応ー」
広島国際大学より,スクールソーシャルワーカー向け公開講座のご案内です。
※外部サイトへリンクします。